×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イマカツ ルアーフィッシング入門 餌釣り情報!

イマカツ ルアーフィッシング入門 餌釣り

カテゴリー :イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツルアーフィッシング入門としましては、やっぱりルアーと餌釣りの違いから見るのが、イマカツが勧めるルアーフィッシング入門と言えるでしょう。やはり釣りをされる方の多くは、”餌釣り”からの方もいると思います。そんな、”餌釣り”から”ルアー”へ移る時、それなりの心の準備をして挑みましょう。それが、イマカツでのルアーフィッシング入門です。
まず、大きな違いは、当然嘘か本物かという所。まー釣りですから、魚にとればどちらも偽物になるのですが(汗)。

エサとルアーの違い=イマカツルアーフィッシング入門

エサ釣りは、皆さんもご存知のようにターゲットの魚に合わせたエサを使用し、釣ってしまおうというもの。
簡単な様に思いますが、これがなかなか難しい。
エサの種類、仕掛け、タックル、などなど。選択肢は多種多様でなかなか思うように釣れません。
しかし、皆さんが始めようと思っているルアー釣りは、さらに難しい。エサ釣りに対して、偽物のエサで魚を釣ろうとしているのですから。店で出されるラーメンと、店頭に並べられたサンプルのラーメン。どちらがおいしそうですか?大概の人は、店で出されるラーメンのほうがおいしそうではないでしょうか。
しかし、店によっては本物と見間違えるほどおいしそうなサンプルがあることも!!ルアー釣りは、そんな本物そっくりの偽物を創り出す技術が要求されます。それが、ルアー釣りの奥の深さであり、イマカツのルアーフィッシング入門の第一歩なのです。

コラム > イマカツ ルアーフィッシング入門 餌釣りについて書かれています。

イマカツ ルアーフィッシング入門 歴史

カテゴリー :イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツルアーフィッシング入門。ルアーの歴史も理解しておきたいですね。

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=歴史

日本のルアーというものは歴史の浅いものだと思われている方が多いのではないでしょうか。エギ(餌木)は日本にもともとあるルアーで300年の歴史があるようなのです。昔からルアーで、釣り易い生き物がいるという認識があったようです。それを考えると、ルアーのほうが釣り易い魚が確実に存在することが分かります。しかし、そんな魚を狙うより、ルアーで釣れないと思っている魚を釣った時の充実感がたまりません!!ルアーの歴史は、まだまだこれからです。新しい歴史を作るのはあなたかもしれませんよ!

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=メリット

ルアー釣りのメリットは、道具がコンパクトで、エサの付け替えが必要ないことです。道具がコンパクトな分、移動が容易で魚のいるところを早く探し出せるというのが強みです。また、エサの付け替えが不要で、手返しが早くなり、エサ釣りより多くキャストできます。
小魚を追っている魚には、エサより有効です。

イマカツルアーフィッシング入門で学ぶ=デメリット

ルアー釣りのデメリットは、先ほども書きましたが偽物のエサを使う分なかなかエサ釣りには勝てません。いかに本物のエサに近づけるかが一番の課題です。エサに付いている魚は、ルアーを通しても見向きもしません...

どうでしょう。イマカツルアーフィッシング入門編。お役に立てれば幸いです。

コラム > イマカツ ルアーフィッシング入門 歴史について書かれています。

イマカツ ルアーフィッシング入門 心得

カテゴリー :イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツでのフィッシング入門編としまして、おすすめの心得紹介!

イマカツでのフィッシング入門心得その1  マッチ・ザ・ベイト

イマカツルアーをベイトにマッチさせるということ。例えば、シーバスが15cm程のイワシの群れを追いかけているのに、20cm以上のディープミノーを使う人はなかなかいないと思います。シーバスが15cmのイワシを追いかけているなら、15cm位の表層近くを泳ぐ、イワシカラーのミノーのほうが確実にその場のベイトに合っていますよね。このように、ルアーの動き、種類、大きさ、色 等をベイトとなるものに合わせる事基本中の基本です。

イマカツでのフィッシング入門心得その2  釣果は足で稼ぐべし

エサ釣りでは、エサを使用し魚を寄せて釣るというのが一般的です。
しかしルアーフィッシングでは、匂いも無ければ、撒き餌を使うことも無い。それならば、自分から動くしかないのです。動いて魚の居場所を探そう!イマカツルアーフィッシングは、エサ釣りと違い、ゴチャゴチャした道具がありませんので移動は容易に出来ます。釣れなければ、違うポイントに!を心掛けてください。

イマカツでのフィッシング入門心得その3 
                 ルアーの動きをイメージすべし

エサ釣りでは、生きたエサを使用する時勝手に動いてくれますが、イマカツルアーは自分でアクションを加えない限り動きません。その動かし方一つで釣果は変化することでしょう。基本的な動き方をイメージできない限り、高度なテクニックは使いこなせません。初心者は、まず底が見える水辺で、イマカツルアーがどのように動くか確認することが大切です。そのうち見えない場所でも、「今、木に当たってヒラ打ちしている」といったようなことが分かるようになってくるはずです。やはりこればかりは、経験しかありません!

イマカツでのフィッシング入門心得その4  相手をよく知るべし

ターゲットの生態,特徴 等の情報は釣行前に必ず調べておきましょう。何を食べているのか、どこに隠れているのか、等いろいろ調べておかないと「ボウズ」で帰る羽目になりますよ。調べる項目はたくさんありますが、とりあえず「生息地」「食性」「性格」を調べておけばなんとかなるかも!それともうひとつ大事なのは、ベイトを知ることです。イマカツでのルアーフィッシングが、ベイトに似せる釣りだと説明しましたが、その似せるものが分からなければ話になりません。「イワシ」「エビ」「カニ」等のベイトを見つけたら、一度観察してみるのも釣りの勉強です。

イマカツでのフィッシング入門心得その5  
                   足元,近場に注意すべし

「足元は危ないから気をつけて!」なんていう話ではありません^^;
意外に浅いところにデカい魚がいるのです!灯台下暗し。ここをチェックするだけでも釣果は上がるかもしれません。ルアーといえば投げるイメージが強いせいか投げてばかりいる人が多いです。しかし、そのおかげで足元の魚はノープレッシャーだったりするのです。それに、遠くで魚がかかった場合、ライン巻き取る間に近くの魚は全部逃げてしまいます。それを防ぐためにも、近くから遠くへの釣りをお勧めします。

コラム > イマカツ ルアーフィッシング入門 心得について書かれています。